Tシャツ着たくて師範になりました!

「あのTシャツが着たい」それだけの理由で師範になりました己書まるねこ道場主です。

【昭和元禄落語心中】みよ吉の孤独・菊比古の落語への思い・助六との約束

昭和元禄落語心中のドラマが盛り上がってきました。

第4回目は物事がなかなか進まなくてイライラしたりモヤっとしたり、最後には泣いてしまう展開でした。

 

寂しがるみよ吉

落語にのめり込む菊比古

客には受けがいい助六

 

3人3様の心模様が複雑に絡み合い、原作を知っていてもハラハラさせられました。

 

 

 

f:id:yorokagura:20181106230652j:plain

 

 

 

昭和元禄落語心中第4話の見どころ

菊比古と会えなくて寂しがるみよ吉

 この頃の菊比古は「廓噺の菊比古」と呼ばれ、落語が面白くてたまらない時期。

暇さえあれば落語の練習をしていたい。

 

それはみよ吉と会っていても。

 

心はいつも落語をが中心になっているため、みよ吉は会っていても心寂しい。

今までの男ならちょっと寂しさを見せれば可愛がってくれるのに、菊比古はそんなそぶりも見せない。

今更ながらそんな男を好きになった自分が憎くなる。

 

そんなみよ吉を見守る助六

 

三角関係はどんどんこじれそうになります。 

 

f:id:yorokagura:20181106230634j:plain

みよ吉を気にしながらも落語にのめり込む菊比古

 一方の菊比古は言うと、「落語は向いてないかもしれない」と落ち込んでいた頃が嘘のよう。

話す落語がどんどん客に受ける。

自分は廓噺が向いていると自信を持ったことで、どんどん落語を覚えていく。

 

みよ吉との逢瀬を重ねても、さっさと練習のために家に帰ってしまう。

 

みよ吉が寂しがっていてもどうしようもない。

落語を覚えたいから。もっと落語が上手くなりたいから。

 

 

そんなある日、落語「死神」を知ることになる。

 

これぞ運命の出会い。

後々の与太郎が八雲の「死神」を聞いて惚れ込んだ伝説の落語

それが「死神」

 

八雲師匠の「死神」はここから始まったのです。

 

f:id:yorokagura:20181106230631j:plain

 

客には受けるのに協会の評判が悪い助六

助六はと言うと、客には大人気。

笑わせる落語の助六は、高座に出るといつでも話題をさらってゆく。

 

しかし本来の性分からか、協会のガチガチなルールに縛られるのが大嫌いな助六

先代の八雲師匠に怒られるどころか、協会の会長にさえ煙たがれる存在。

 

助六の言い分は

「落語は変わらないといけない

客が求めているものに答えなければならない

落語が生き残るには変わっていくことが必要」

 

「しかし、変わらないものも必要

これは自分にはできない

だから、これはボンの役目

2人で落語の生き残る道を作ろう」

 

落語が好きすぎて、その情熱が師匠達には伝わらない。 

 

もっと上手く立ち回れば…

と思うけれど、そういかないのが助六

 

もっとやり方があるだろう

 

って、なんどもテレビの前で言っていました。

 

f:id:yorokagura:20181106230647j:plain

 

 

次回の助六とみよ吉はどうなってしまうのでしょう?

 

次の放送は11月9日(金)22時からです。

 

 

 

by カエレバ