Tシャツ着たくて師範になりました!

「あのTシャツが着たい」それだけの理由で師範になりました己書まるねこ道場主です。

己書の必須アイテム。ぺんてる絵筆ネオセーブルをおすすめする3つの理由

己書を描くとき、筆ペンの他にも用意したいのが絵筆。

 

水彩画と筆ペンの字のコラボが作品の己書。

この水彩画を描くときに欲しいのが絵筆!

この絵筆が水彩画の楽しさを左右すると言っても過言ではありません。

 

道場に通いながら

先輩師範が使っているのを見ながら

試しに使わせてもらいながら

 

とうとう見つけた水彩画を描く時に使いやすい絵筆

 

ぺんてる絵筆ネオセーブルを紹介します。

 

 

安いのに実力派!ぺんてる絵筆:ネオセーブル

 

こちらは紫色をしているので、よく目立ちます。

道場に行くと必ず誰かが使っているネオセーブル。

最初は「あの紫色の筆はなんなんだろう?」と思ったものです。

実際使ってみたら、これがすごく使いやすい!

これは手放せません!

 

 

by カエレバ

  

使ってみてわかったネオセーブルの素晴らしさ3つ!

1・滑らかに描ける

2・水含みがいい

3・毛先がバサバサになりにくい

 

もっと詳しく体験談を書いていきます。

 

ぺんてる絵筆ネオセーブルは筆運びが滑らか

まずはこれ!

筆の穂先が柔らかいのです。

どんな方向にも筆がスイスイ動きます。

逆方向に筆を動かしてもスイスイ付いてきてくれます。

 

しなやかなのにコシがあります。

これが絵を書く時に重宝します。

細かい箇所をぬる時でも滑らかに動いてくれます。

広い場所をぬる時も鼻歌歌いながらぬることができます。

絵を描くのが本当に楽しくなる!

 

それだけではありません。

 

絵を描くのはもちろん、字を書くのにも大活躍。

 

このネオセーブルを使って書く字は絶品ですよ(笑)

これを使っていてストレスを感じることはほとんどありません。

 

例えば、この「ももうめ」のピンクの文字はネオセーブルを使って書いています。

桃や、梅をぬったその筆で、文字を書きました。

 

あなたもぜひ、ネオセーブルで絵だけでなく文字も書いてくださいね。

 

 

己書

 

 ネオセーブルは筆の水含みがいい

ネオセーブルはよく水を含みます。

水彩画を描くとき、筆にたっぷり水を含ませて薄くぬったりボカしたりします。

そんなときにネオセーブルは大活躍!

 

絵の具の付いた水をしっかり貯蔵?してくれるため、広く薄くぬるときやボカしたいときに大活躍。

「よく水を含んでいるなあ」と、いつも感心しています。 

 

 

ネオセーブルは毛がバサバサになりにくい

筆って、使っているうちにどんどんバサバサになってしまいます。

それは仕方のないことです。

それだけ使っているのですからバサバサになるものなんです。

 

だけどネオセーブルは、他の筆よりバサバサになりにくいようです。

 

方向を無視して、毛先がバラバラになってぬっていても。

それでもちゃんと元に戻ります。

 

このネオセーブルは小学生の文具にも使われています。

おそらく、小学生がちょっと荒い使い方をしてもいいように作られているのではないでしょうか?

 だから私たちが少々横着をしても、バサバサにならないのかもしれません。

 

 

己書に最適!ぺんてる絵筆ネオセーブルまとめ

 

このネオセーブルは使えば使うほど惚れ惚れする絵筆です。

道場に行った時、必ず誰かが使っている理由がわかりました。

 

 

小学生の絵筆として使われるくらいですからなんと言っても安い!

安くて丈夫でキレイに描けるなら文句なし!の絵筆です。

 

どの筆を買っていいのかわからない方は、まずぺんてる絵筆ネオセーブルを買っておきましょう。

 大人買いしても2000円くらいです。

 

生徒さんたちにおすすめの絵筆を聞かれかたら、これをおすすめすると良さそうです。